BLOG
ブログ

ナガサカ

2020.09.01 ブログ

秋冬物のインポート(海外ブランド生地)のジャケット素材が入荷いたしました。


いつも横浜オーダースーツのナガサカのブログをご覧いただき誠に有難うございます。


本日のスタッフブログは、秋冬物のジャケット素材が入荷いたしましたというご案内です。


オーダー価格¥78,000+税〜


こちらのコレクションは様々なブランドで構成されているため価格帯がバラバラです。生地の種類・柄のみご覧いただこうと思います。


P1020442


表紙はイタリアブランド「TALLIA DI DELFINO -タリア・ディ・デルフィノ-」の赤×茶のジャケット生地です。


P1020443


色違いで4色展開。


鮮やかな色と落ち着きのある色の絶妙な組み合わせです。


個人的にはブルーの素材が気になります。ブルー単色だとかなり青い印象になってしまいますが黒と組み合わせることで大人っぽい雰囲気です。


P1020448


こちらはスタンダードな千鳥格子よりもやや大きめの柄です。


ジャケット生地ですが一枚仕立ての軽いコートっぽく仕立てるのがカッコ良さそうです。


中には黒や茶のハイネックのニットなどでジャケットの柄を邪魔しない様な地味目な合わせがちょうど良さそうです。


P1020449


こちらはヘリンボーンのどの様なコーディネートにも合わせやすそうなカラーバリエーションです。


柄も大人しいのでビジネスカジュアルのコーディネート にぴったりです。


P1020452


こちらは少し変わった素材で、模様の箇所だけ毛羽を残し、触ってもモサっと浮き出た柄です。


P1020453 P1020456 P1020455 P1020454


お次も変わり種でリバーシブル(ダブルフェイス)の素材です。


近年、冬でも裏地などを省略して作る一枚仕立ての需要が増えていますので表は無地だけど裏はカモフラ、という遊びを取り入れられる素材です。


これから本格的な生地の入荷シーズンですので、入荷した際にはブログでご紹介させて頂きますので、是非またご覧になってくださいませ。