BLOG
ブログ

ナガサカ

2020.03.10 ブログ

イギリスの有名生地ブランド「ハリソンズ・オブ・エジンバラ」のジェームズ・ダンスフォード氏が遊びに来てくださいました!


いつも横浜オーダースーツのナガサカのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。


本日のスタッフブログは、イギリスの有名生地ブランド「ハリソンズ・オブ・エジンバラ」のジェームズ・ダンスフォード氏が遊びに来てくださいました!というお話です。


ダンスフォード


名刺1


IMG_20200309_183102


HARRISONS of EDINBURGH -ハリソンズ・オブ・エジンバラ-


英国の名門生地問屋として日本のテーラーや顧客の方々から愛されているブランドです。


海外ブランドのスーツの生地といえば「イタリア製」「イギリス製」に分けられますが市場に出回っているのは、近年「軽さ・柔らかさ」が主流になのでイタリア製に人気が偏りがちな印象です。


しかし会社の重役の方々など、正統派なスーツを好む場合仕立て栄えのするハリコシのあるイギリス製を好む傾向があるように感じます。


IMG_20200309_183111


ハリソンズの中でもスーツ生地に人気なのが「FRONTIERフロンティア」コレクションです。


オーダー価格¥99,000+税〜   (300gms) (wool100%)


フロンティア_20200309_183213


フロンティア_20200309_183234


フロンティア_20200309_183303


フロンティアはハリソンズの数あるコレクションの中でも良い意味で「分厚く・硬い」のが特徴の品質です。


色・柄は英国の伝統的なイメージが強い柄が多く、仕上がりもカッチリとしますので堅い職業の方にはオススメです。


あまり厚く硬すぎるのは。。。。という方にオススメなシリーズはこちら


IMG_20200309_183142


「MYSTIQUEミスティーク」コレクションです。


オーダー価格¥119,000+税 (240/260gms) (wool100%)


ミスティーク_20200309_183724


ミスティーク_20200309_183825


ミスティーク_20200309_183759


ミスティーク_20200309_183847


フロンティアに比べるとやや薄く、今時な素材構成なので涼しく過ごしたい方にもオススメ!


ハリコシも強くシワになりにくいため出張などが多いビジネスマンにも着用していただきたいです。


IMG_20200309_183148


「INDIGOインディゴ」コレクション


オーダージャケット価格¥99,000+税 (230gms)(wool&linen)


インディゴ_20200309_183621


インディゴ_20200309_183637


インディゴ_20200309_183659


こちらのインディゴコレクションはジャケット専用の素材です。


ウール(羊の毛)にリネン(麻)を混ぜることで通気性も良くなり麻特有のシワが夏のカジュアルな装いをオシャレにカッコよくしてくれそうです!


ご来店の際は是非、ハリソンズオブエジンバラの生地もチェックしてみてくださいませ!