BLOG
ブログ

ナガサカ

2019.01.14 ブログ

ジャケットになる前の生地の状態「イギリスから取り寄せたカントリースポーツの素材にはぴったり!ポーター&ハーディング」

いつも横浜オーダースーツのナガサカのブログを

ご覧いただき誠にありがとうございます。

 

本日のスタッフブログは、スーツやジャケットになる前、

取り寄せたばかりの生地の状態をご紹介させていただきます!

 

お店に生地が置いてあることは多いと思うのですが

ご注文いただいたお客様にとって自分の注文した生地が

スーツになる前の状態は意外に見る機会がないのでは。

と思いましたので!

 

それでは早速、先日ご注文いただいたばかりの「ポーター&ハーディング」のご紹介です。

ツイードで有名な生地ブランドといえば「ハリスツイード」ですがハリスツイード社以外にも

「ツイードは任せて!」というブランドは存在します。

今回ご紹介するブランドもその1つ「PORTER&HARDING(ポーター&ハーディング)」社です。

 



 

こちらのブランドの特徴は何と言っても「男臭い」ところではないでしょうか。

 

ハリスツイードは硬さの中にふっくらした分厚い感触という感じ、

ですがポーター&ハーディングの生地はギッチギチに織り目の詰まった素材感です。

カントリースポーツを愛した創設者が作ったブランドなので本格的なスポーツウェアなのです。



ボディにかけると普通はしっとりと馴染むのですがハリコシが強い生地なので馴染みません。

お客様にもご説明しましたが最初は堅いですが、着込めば着込むほど自分にしかフィットしない1着へと変化するのです。

 

ジャケットの形になるのが楽しみです。