BLOG
ブログ

ナガサカ

2018.09.27 2018年

一生使える傘のご紹介。修理ができるフォックスアンブレラの傘

いつも横浜オーダースーツのナガサカのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

今回ご紹介するのは不安定な天気が続いているのでフォックスアンブレラ社のコートと傘のご紹介です!


JR(電車)忘れ物ランキングで「傘」は2番目に多いそうです!

1番かと思っていたのですが1番多いのは「衣類」

しかし衣類と言ってもマフラー、手袋などを一括りにしての「衣類」なので

やはり1番多いアイテムは「傘」なのではないでしょうか。

せっかく高いお金を出して買った傘も一度無くしたりしてしまうと本当にショックで、

もう傘はビニール傘でいいや!となってしまうのも納得です。

しかし今回は紳士の必需品「フォックスアンブレラ」をご提案

フォックスアンブレラとは?


フォックスアンブレラとは1868年にイギリス・ロンドンで創業された傘の老舗メーカーです。

トーマス・フォックスさんが作った傘(アンブレラ)なのでフォックスアンブレラ

化学繊維(ナイロン)で傘を作成したのはフォックスアンブレラ社が最初とのこと

もともと小型パラシュートの制作をしていたらしく化学繊維(ナイロン)の取り扱いが得意だったんです。

資材だけでなく製法にも徹底的に拘っていて今でも1つ1つ職人が手作りをしていて

年間で15,000本しか生産されない程大事に作られています。

フォックスアンブレラ

今では雨具のメーカーとして認知されておりオイルコットン(撥水性の高い)を使用したコートも有名です。

フォックスアンブレラの傘とコートの写真

  • 左の黒のコートは傘で使われているナイロン生地のコート¥39,000+税

  • 右のベージュのコートはオイルコットン¥36,000+税

  • 真ん中上段の傘¥25,000+税

  • 真ん中下段の折りたたみ傘¥19,000+税


ご来店の際は試しに傘を広げてみてください。

さすが職人の手作り生地の張り具合から持ち手の握りやすさに職人の手作り感が感じられる逸品です。

ビニール傘の群れにフォックスアンブレラの傘で差をつけましょう!

贈り物にもぴったりです。